事業案内

電気設備保守・点検

電気設備保守・点検を通して、工場を運営されているお客様の施設・設備内電気の安定供給を実現します。

電気設備保守・点検の様子

特高受配電設備から高圧・低圧設備まで、電気設備の維持・管理・運用に定期的な保守・点検は欠かすことが出来ません。

定期的な保守・点検を行うことにより、設備がより長持ちさせ、結果的にお客様にとってコスト削減に寄与出来ればと考えております。

弊社では電気設備点検を通して、工場を運営されているお客様の施設・設備内電気の安定供給を実現します。

受配電設備のトータル試験から保護継電器試験、ケーブル劣化診断、絶縁耐力試験、高圧絶縁油の酸化、耐圧試験など行い、適切な保守・点検を実施して突然設備が故障するリスクを最小限にします。

電気設備保守・点検のことなら、お気楽にご相談ください。


電気設備保守・点検の施工詳細

  • 高圧受電盤据付

    転倒、損傷がないように搬入し、耐震強度を考慮して堅牢に据え付けます。

  • 高圧受電盤据付後

    高圧受電盤や低圧配電盤の据付後、ケーブルラック設置及びケーブル敷設完成後の状態です。

  • トランス据付後

    トランス・バスダクト設置後の状態です。感電防止対策も考慮しています。

お問い合わせ・ご相談|電気設備に関するお見積り・ご相談はお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ|TEL:0120-03-5698

メールでのお問い合わせ|お問い合せフォーム

お問い合せフォーム
電気設備保守・点検なら大信電業株式会社。「確かな技術」と「お客様へのまごころ」を大切にしながら法人企業様のベストパートナーを目指していつも全力を尽くし、電気設備保守・点検をトータルサポートいたします。

PageTop